Home > 木の家の良さ > 木は断熱性と調湿性に優れています

日本の気候を考えると、夏涼しく冬温かい住宅が理想的です。木材の持つ断熱性と調湿性をうまく使うことが快適住空間の実現につながります。

コンクリート造は冬温かいのですが夏は外気温と同じ室温になってしまいます。木造住宅は外気温と比較した時、夏涼しく冬温かいということになります。また私たちが感じる「暑さ」や「寒さ」は温度だけではありません。湿度も体感温度に影響しています。その湿度を適度に調節する木材の調湿性も、毎日を快適に過ごすためには欠かせません。

外気温と室内温度の変

鉄筋コンクリート造住宅と木造住宅の一年間の気温の変化

資料:山田正編「木質環境の科学」海青社,1987

住宅内の湿度変化

資料:則元京 他 木材研究資料,No.11, 1977