Home > 木の家の良さ > 木材はリサイクル型資源です

環境にやさしい木材の循環利用

環境にやさしい木材の循環利用

木材はリサイクル型資源です。

木材は循環型資源で、再生が可能であるというすばらしい特質を持っています。だから、資源としての再生が不可能な鉄や石油に替えて木製品を使うことは、地球環境に大きく貢献します。

木材を伐採して植林することは環境に優しい。

木材は二酸化炭素を吸収し太陽エネルギーで生産される資源です。二酸化炭素の吸収力は一般に若い木の方が高いので、適切に伐採、植林することで森林全体の炭素吸収力を高めることができます。

木材住宅や木製品は環境に優しい

木造住宅は家具などの木製品に使われた木材は、使われている間は炭素を吐き出さない(ためておく)効果があります。木造住宅は、「街にある森林」ということができます。 また、木材はとても加工しやすい材料で、鉄やアルミニウムに比べて極端に少ないエネルギーで加工できます。 木材を使うことで、エネルギーの浪費(=二酸化炭素の増加)も迎えることができます。

木材は化石燃料の代わりもできる

製品として寿命の終わった木材や、加工のときに出る木くずなども、燃料としてエネルギー利用できます。使いみちは、暖房用や発電用(バイオマス発電)などで、石油や石炭などの化石燃料の消費を抑えることができます。