Home > 復興住宅

『感動ホームズ株式会社』
仙台市泉区南光台南2丁目27-7  TEL:022-252-4580
『タカハシ建築工房』一級建築士事務所
宮城郡松島町高城字町138  TEL:022-353-2253
『株式会社 櫻井建設』
東松島市牛網字駅前1丁目3-8  TEL:0225-87-2122

提案タイプ1型

谷岡建築設計事務所 設計 
小さな世帯のための大きな間取り
基本は夫婦二人。
生活の為のシンプルで十分なスペースに、たくさんの収納を確保しました。
広い納戸はもちろん、屋根のついた土間スペースは、ゴミや自転車の置場になくてはならないスペース。
夏は通風と日差しのカット
高断熱・高気密は冬の対策。
夏は深い軒で日差しを遮り、上下の通風で涼しく暮すのが健康的。
できるだけ高い位置に窓を設け、上下の風の流れをつくれば風のない日も気流が生まれ、涼しく暮せる。


57.98u(17.6坪) 850万円(税込)
※価格は参考価格です。
実行価格及び詳細は提携工務店にご相談ください


提案タイプ2型

A.C STUDIO 設計
在来工法 プレファブリック住宅
1.5間(2,730o)を基準フレームとし、プランを作成する。
屋根地、外壁、間仕切り壁を基準パターンのパネル化とする。
可能な限り工場にて加工を行い、現場搬入後の作業を極力簡易化し、施工手間
の軽減を図り、コストダウンを行う。
屋根材、仕上げ材は当初は廉価なものを使用し、建築しやすい価格を目指すが、
いずれはグレードアップを行えるよう、構造は頑強なものとする。
屋根形状はシンプルな切妻とし、連続建て、増築をしやすいプランニングを行う。
仮設住宅から復興住宅への再利用を視野に入れ、スケールメリットの生かせる
在来木造住宅を目指した計画としています。


45.34u(13.7坪) 750万円(税込)
※価格は参考価格です。
実行価格及び詳細は提携工務店にご相談ください。


提案タイプ3型


古南設計室 設計
共有していくこと
想いやものを共有することではじめて人と人がつながり合えると思います。
敷地には4つの小住宅を配置し、東側のデッキを住人の共有スペースとしています。
また、住戸に面した庭は接する住戸どうしの共有の庭とします。西側には住人と町に開放した桜の木を植えた庭でベンチを配置しています。住戸以外の部分はすべて何らかのかたちで共有した構成としています。
窓をつなげる
各住戸は個室と浴室・トイレ以外の空間は外に向かって大きく南北に開放できるよう窓を配置しています。窓は4棟とも同じ位置にあり、家々の気配をつなげていきます。
建 物
最も一般的な木造在来工法を採用し、永く住むことを目的として計画しています。柱・梁は桧・松を利用し、しっかりと乾燥した良質の材料を使用します。基礎についてはベタ基礎を採用し、地面の湿気を遮断すると共に、断熱材を打ち込み、冷気の伝達を防いでいます。建物の暑さ寒さ対策として、屋根・外壁・床に断熱材を充填し、夏場の熱を防ぎ、長い冬の冷さを防いでいます。


34.78u(10.5坪) 800万円(税込)
※価格は参考価格です。
実行価格及び詳細は提携工務店にご相談ください。